他人の男のチンポで狂った様にメスマゾ女になっていく人妻

栄子が入社して作業員だった時、半ドンで昼過ぎには仕事を終え家に帰っていた頃。 仕事中のジーパン後ろ姿、特にヒップがプリプリッと妙に色っぽくて、ワシの下半身が疼きだした。 夜のドライブに誘ったら割と簡単にOK。 なんでも20歳そこらで今の旦那と知り合い、出来ちゃった結婚で育児家事に追われ、人並みに青春を楽しめんかったのが、ここに来て心残りらしい。 「あんまし何処へも行ったことがないけー、どっか連れて行ってぇー」 この時点で、こいつは落とせると確信。その日の夜に引っ張り出し、 「旦那にゃどー言うて出て来たん?」 「あの人、まだ会社から帰って来とらん。毎日遅いんよー。安月給でこき使われて、毎晩毎晩遅いしー。ホントかわいそー。まあ、子供二人おるけー一生懸命稼いでもらわんといけんしー、まぁー仕方ないかー」 ワシ「子供はー?飯食わしたんかー」 「食事の支度してきたけー、勝手に食べるじゃろ。少々遅なって […]

この 他人の男のチンポで狂った様にメスマゾ女になっていく人妻みんなのエッチ体験 に掲載されています。