14/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方

13/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方の続き 五日 少し退屈していた僕は三宮に出た。 竹山さんらが集まっているJavaに顔を出す。正月らしく、スローなモダンジャズがかかっていた。 「明けましておめでとうございます」 「おう、今年も宜しく!」 そのまま僕も混ぜてもらい、ダラダラと過ごす。僕は適当に相槌を打った。アレンジャーがどうこうなんて話はサッパリだった。皆はハックルベリーやホンキートンクに行くと言うので、僕は高架下をブラつく事に。 「ミサが棚卸ししてるから覗いて来いよ」別れ際に竹山さんに声を掛けられる。 あまり気乗りしなかったが、とりあえず挨拶に向かった。店に着くとミサネェは明日からのセールの準備をしていた。 「ちょうど良かった、コーヒーお願い。」挨拶より先にコーヒーを買いに行かされる。……。良かった。いつものミサネェと僕の関係だ。そう思いな […]

この 14/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方みんなのエッチ体験 に掲載されています。