13/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方

12/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方の続き 「このまま抱きしめていてもいい?」 「うん、シンジ君…嫌いにならないで」 僕がエリカを嫌いになる筈なかった。否、嫌いになれる筈がない。 「エリカを感じるよ」 「シンジ君を感じる」 僕はエリカの太ももをそっと開き、手をしのばせた。 「恥ずかしい!」 エリカの最も敏感なトコは…濡れていた。ボクのも…濡れていた。 ユビをそっと動かす。エリカが感じているのがわかる。エリカのジュース…。 「…シンジ君、何…か…変。ア、熱い…よ」 ボクのユビがエリカの敏感な突起に辿り着く。エリカの喘ぎ声が小さな悲鳴に変わる。ボクのユビが執拗に突起を触る。エリカの喘ぎに曇りを感じる、顔を見上げるとエリカは泣いていた。 「怖いの?嫌な事をしちゃった?」僕は複雑な表情をしていたと…思う。 「少し…だけ…」 「ここまでにしようか?」僕 […]

この 13/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方みんなのエッチ体験 に掲載されています。