僕がみたことのない、とてつもなく恍惚のエロい表情で・・・

僕は幸せな日々を送っていた。あの日、あの場所で自分の人生が終わるまでは……そう、もう僕はこの世には存在しない。不運にも、仕事終わりの接待の後、危険運転をする車