アパートの隣のバツイチ熟女を助けたら、濃厚な恩返しが待っていた

19歳の時、アパートに住んでいた。隣人は、バツイチ子持ちの三十路熟女が住んでいた。名前はアケミ。当時学生だったオレが夏休みで部屋でゴロゴロしてると、激しく玄関を叩く音と子供の泣き叫ぶ声が。急いで玄関を開けると隣の子供が真っ青な顔して、「お母さんが倒れた!助けてお兄ちゃん!」と泣きながら訴えてきた。隣の部屋に見に行くとアケミが台所で倒れていた。とりあえず救急車を呼び、病院に子供を連れて同伴した。子供