酔いつぶれた俺を車で当てた女性が、自宅に俺を運んで介抱してくれたが

冬も迫る日に、おいらは飲みすぎてしまい繁華街をうろうろしていたらしい。記憶が無い。店を出て友人とじゃぁな~なんて言ってたのは覚えてる。そして家の近くまで歩いて道を渡ろうとしたところまでは覚えてる。…