近所の喫茶店のマスターはチビだけど巨根で女子大生のセフレがいました

私が20代半ばから後半にかけて、もう20年以上前のバブルの頃の話ですが、私の住んでいたアパートの近所に、『ミクロネシア』という喫茶店がありました。そこのマスターは30代後半の身長が150センチ台の小柄な男性で、客の女子大生2人組に「チイパッパ」と呼ばれていました。可愛い女子大生にお近づきになろうと、どうしてマスターを「チイパッパ」と呼んでるのか由来を尋ねたら、案の定“小さいパパ”から来ていました。…