ゼミの美人助手が、普段は冷たいのにベロベロに酔っ払って

大学のゼミのとき、美沙子さんというかなり美人の助手さんがいました。すごくテキパキとした方で指導からなにから教授に任されているようなところもあり男子学生の憧れ的な存在でした。実際には研究については妥協を許さない厳しい面のある人で、そのために深夜に及ぶこともあり、憧れであり煙たくもありというような存在だったかもしれません。…