俺を一生懸命気持ちよく させてくれようとしてくれる若い肉体

佳菜は少しはにかみながら俺に抱きついてきた。 「先生、大好き…」 青いスカーフが可愛い、近所では人気の紺襟のセーラー服を着たセミロングの二重が くっきりとした顔立ちのいい細身の○6歳、K2の少女。俺が今まで出会ってきた20代の 女性にはない幼さが彼女にはあった。 俺は一年前からこの少女の家庭教師をしている。 週一度の授業で、一時間半ほど勉強した 後、佳菜と愛を確かめ合うのが習慣となっていた。俺はは […]…